東京の探偵の必要性

written by addminz

私にとっての探偵という存在

私は今までの人生で探偵を職業にしている人とは会ったことがありません。

又、仕事を依頼するようなこともありませんでした。

全く知らない世界なのです。

私にとって探偵とは、小説やテレビ、映画の中で活躍するヒーローです。

特に私は、イギリスのパイプタパコがトレードマークの探偵の大ファンです。

頭と行動力で次々と事件を解決していく姿には、幼いころから魅了されてきました。

しかしこれは小説の中の話で現実の人ではありません。

テレビドラマで出てくる日本の探偵は事件を解決するよりは、人の秘密を調べて悪用する悪役的なイメージが強い印象です。

しかしこれもドラマの世界です。

テレビのワイドショーなどに出演する探偵はプライバシーを暴く人々に見えます。

私が現実に探偵を感じるのは、車で都会を走るときに見える探偵社の看板です。

都会を走るとかなり見ることになり、一般企業の宣伝と変わりない競争の世界を感じます。

信用のこと、料金のこと、仕事の実績を宣伝することは利益を追求する会社そのものなのです。

探偵業の必要性について

私がフィクションの中で一番現実見を感じる探偵は、日本の有名なサラリーマンで課長から社長まで出世して行く劇画の主人公が使う探偵です。

彼は、主人公の手足となり、依頼された物件は日本はおろか海外まで行って、主人公のためにその情報を取ってきます。

時には、命が危険なこともあります。

隠し撮りなどして、決定的な写真の証拠を取ってきます。

主人公はその情報を使って出世して行く訳です。

時にはこんな依頼をしていいのかというものもあります。

決していつもフェアーではありません。

これは架空の話なので面白く描かれていますが、現実の探偵はお金をかせぐ商売ですから、安定を求めて、個人的な浮気調査や行方調査よりも、大手が依頼する情報捜査依頼に魅力を感じることでしょう。

現在のビジネスは情報戦です。

東京の探偵に依頼

情報を持ったものが戦いを有利に運べます。

探偵業の存在理由はそんな所にあるのではないでしょうか。

探偵業は表に出ない、いつも裏方の仕事なのです。

決して、日の目を見ることはありません。